ホームページの説明文を書く時のちょっとしたコツ

最初に結論から伝えましょう

せっかく時間をかけて説明文を書いたのに、なかなか集客につながらないというのは残念ですよね。ホームページの文章は、最後までじっくり読まれることは少ないのです。前置きが長く何を伝えたいのかがはっきりしないと、多くの読者は他のホームページに移ってしまいます。興味を持って読み進めてもらえるように、最初に結論を伝えてみましょう。そうすると「何を言いたいのか」が読者にも分かりやすく、記憶にも残りやすいのでその先も読み進めてくれます。また、文章が長すぎると読んでもらうことができないので、なるべく簡単で分かりやすい文章にして、一人でも多くの読者に興味を持ってもらい、集客につながるようなホームページになると良いですね。

見出しで内容が分かるようにしましょう

今このコラムを読んでくださっている方の多くがそうかと思いますが、読者は見出しで読むか読まないかを判断することが多いので、見出しで読む価値がないと判断されてしまうと、その先の説明文を読んでもらうことができません。なので、見出しで何を伝えたいのかが分かるようにして、興味を持って読み進めてもらうことが大切です。短い文章の見出しのみで、内容が分かるようにどう書いたら良いか悩んでしまいそうですが、そのような場合には「自分ならどんな見出しならその先を読んでみたくなるのか」と考えながら文章を決めてみてはどうでしょうか。ちょっとしたコツであなたのホームページが読者に伝わり、一人でも多くの方に興味を持ってもらえると良いですね。