更新する時にもちょっとしたコツがあります!

ホームページの更新はユーザー目線を意識しよう

ホームページは、ただ単に更新すればいい訳ではありません。効果的に更新をするコツは、「ユーザー目線で必要な情報を提供すること」です。情報を求めるユーザーにとって有益でない更新は、検索エンジンも評価しないように対策をしています。意味のない更新で順位が上がるのであれば、どんなホームページでも検索結果で上位を獲得できますからね。無意味なページの量産はスパム行為と判定される危険性もあり、全体的なコンテンツの充実は必須といえます。ホームページはターゲット層を意識して、情報を膨らませるために更新を行うのが基本です。「自分が情報を探す立場になったら、この内容で求めているものを得られるか」というのを判断基準にしてください。

ホームページの無意味な更新ってどんなこと?

ホームページに無意味な更新を行っても、ユーザーや検索エンジンからの評価は上がりません。無意味な更新は「内容の薄いコンテンツの量産」や「日付のみを変えて既存ページを修正する」などの行為が該当します。古い内容について何も追記や修正をせず、言い回しだけを変えて更新するなどもそうです。内容が薄くて情報が古いホームページは、全く検索している方の参考になりませんよね。欲しい情報があるから検索をしているのに、参考にならないのでは評価されなくて当然です。ユーザーや検索エンジンから評価されるためには、常に最新の情報を提供できるように努力する必要があります。最新の情報を提供し、古いページにはきちんと追記や修正をすることが無意味な更新をしないコツです。